ビズる

上場ITベンチャーで取締役として働く筆者が、主に経営戦略や事業開発、組織マネジメントなどについて考えを語るブログ

マネジメント

業績管理のために行っている3つの方法

業績管理の方法を常に進化させていきたいと思っています。 今のところ、こんな感じでやるのがいいのかと思い、 実行しているものを、いったん言語化しておこうかと考え、書きます。 1.戦略方針(テーマ)、重要KGIを期初に決める リクルートマネージメントソ…

人生曲線というツールをチームメンバーの相互理解に活用する

自己分析の手法で、人生曲線をつくるという手法がありますが、 チームメンバーが相互を知るツールとしても有用です 人生曲線とは 自分のこれまでの人生をグラフ化し、 その時の気持ちなどを書き出し、振り返りをするものです。 上記の図のように、横軸を時間…

1兆ドルコーチを読みました

スティーブ・ジョブズやエリック・シュミット、ラリー・ページなど、 シリコンバレーの著名経営者のコーチを務めたビル・キャンベル氏に ついて書かれた「一兆ドルコーチ」を読みました。 感じたことは、以下です。 経営のコーチという職業が存在するんだと…

モチベーション管理・モチベーションマネジメント

自分の部下となるメンバーのモチベーションを 管理すべきか否か。 組織コンサルティングを提供しているサービスのなかには、 モチベーション・マネジメントこそ組織管理の肝だと 述べているサービスもあれば、 絶対に避けるべきと言っているようなサービスも…

事業におけるミッションやビジョンの設定

ミッションやビジョンは、本当に必要かどうか? 様々な意見があるかと思いますが、 自分は、あったほうが良いかと考えています。 複数の事業を持つ企業は、 全社のビジョンに沿ったものであることが前提ではありますが、 事業別にミッションや目標を持つこと…

1on1におけるフィードバックでジョハリの窓を活用する

メンバーとの1on1において、 ジョハリの窓を活用したフィードバック方法を紹介します。 利用シーンは、メンバー自身の能力開発についての フィードバックで使うことを想定しています。 メンバーが自分自身のことをどのように捉えているのか、 また、上長がメ…

キャリアに関する考え方_山登り型、川下り型

メンバーとの会話のなかで、将来キャリアを どのように考えているのかといったことを聞く ことがあるかと思います。 リクルートで良く使われているフレームワークで、 will-can−mustというものがありますが、 マネジメントとしては、メンバーのwillを知った…

Trello(トレロー)による組織マネジメント、組織タスク管理

2020年1月現在、 自社事業と関連会社の役員を兼務しながら、 5名程度のチームを自分が直接マネジメントを行っております。 自分の能力不足から、 チームの重要タスクが遅れたりすることが起きており、 組織マネジメントにTrello(トレロー)を活用しはじめま…

分解されたKPIに基づく組織設計

事業のKGIを因数分解し、 因数分解されたKPIを伸ばしていくことでKGIを成長させる。 おおよそこんな感じで、 多く事業がKPIの設計と改善を行なっているんだろうと想像しています。 そのなかで、KPIの性質によって、 おいかけるKPIと組織を分けるということが…

新規事業開発における評価について

新規事業における事業開発は難しい。 自分は、新規事業において、 当初たてた計画や見立てどおりに進むとったようなことは、 ほとんどなく、経験上では、必ずといっていいほど、 立ち上げ数ヶ月の間に計画を ビハインドしていくといったイメージをもっていま…

1on1をマネジメントに活かすにはどうすれば良いのか考え、実践してみた

1on1とは、 シリコンバレーの企業で行われてる 上司と部下が1対1で行う個別MTGのことであり、 一つの文化として、根づいているそうです。 日本においては、 Yahooさんが1on1ミーティングを行う企業として有名ですよね。 また、最近は、Yahooさん以外でもIT系…

マネジメント能力について悩む前にすべき3つのこととは

マネジメント能力とはどういったものか? マネージャーや管理者になって間もない方は、 マネジメント能力について悩んだりすることも多いのではないでしょうか? 一方で、マネジメント能力について、 悩む前にすべきことがあります。 それは、部下との関係性…